ノン切開法

仮性包茎で、なおかつ余っている包皮が比較的少ない男性に限ってメスを使わずに処置する方法があります。

余っている皮膚同士を薬液で接合させる方法や皮膚の下の組織を糸で手繰るようにする方法などです。

しかし、年を経るごとに効果が薄くなってきたり、皮膚疾患になってしまう危険性があるうえ、あまり見栄えが良くないことなどから、積極的に行っているクリニックは多くはありません。

いずれの方法を選ぶにしても、包茎の状態やどんな仕上がりが希望かによって変わってくるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ