クランプ法

クランプという専門器具を使用する方法です。

元々は勃起しない幼児のために開発された器具であり、選べるサイズは5通り程度しかありません。
したがって、患者が器具にサイズを合わせる必要があります。

また、器具の特性上、亀頭直下より縫合部が下部に下がる傾向にあり、旧式同様ツートンカラーになる場合がある。

20年ほど前に中央部環状切開縫合術に取って代わって主流となりましたが、ここ最近クランプを使用するクリニックは減少の一途です。

高度な技術をあまり必要としないため、経験の少ない医師やアルバイト医師が多くいるクリニックではこの方法で行っている場合も多いようです。

いずれの方法を選ぶにしても、包茎の状態やどんな仕上がりが希望かによって変わってくるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ