根部形成法

10年ほど前に専門のクリニックで行われていた方法です。

ペニスの根元で余った包皮を取り除く方法で、一番のメリットは傷が陰毛で隠れることです。
デメリットとしては、真性包茎の場合は適応できないという点です。

また、包皮内板がすべて残るため、亀頭下に若干のたるみができる場合があります。

この方法は、選択肢の一つとして案内するクリニックもありますが、一部を除きあまり積極的には行われてはいないのが現状です。

いずれの方法を選ぶにしても、包茎の状態やどんな仕上がりが希望かによって変わってくるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ