亀頭直下法

亀頭直下法は15年ほど前に確立され、現在おこなわれている包茎手術の主流といえるでしょう。

ツートンカラーにもならず、機能面と見た目も充実した手術方法で、医師が独自にアレンジして手術を行っているケースが多いようです。


ただし、他の方法に比べて技術を習得するのが難しく、執刀医のスキルが非常に重要な方法でもあります。

経験の少ない医師が手術した場合は、他の方法よりも劣る結果となる場合があります。

いずれの方法を選ぶにしても、包茎の状態やどんな仕上がりが希望かによって変わってくるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ