中央部環状切開縫合術

20年以上前に包茎手術で主流だった方法です。

包茎手術の方法では最も古く、現在は一部のクリニックを除いてほとんど中央部環状切開縫合術はおこなわれていません。

この方法は、包皮内板が多く残されるために、縫合部の前後の色合いがくっきりと分かれるツートンカラーになる症例が多いのも特徴です。

やはり見た目を気にする男性には現在の主流である亀頭直下法のほうがオススメです。

いずれの方法を選ぶにしても、包茎の状態やどんな仕上がりが希望かによって変わってくるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ