仮性包茎とは


日本人に1番多いのが、この仮性包茎(かせいほうけい)です。

通常時には亀頭が包皮に包まれていますが、包皮をずらすと亀頭が完全に見える状態です。

勃起時には軽症(亀頭が自然に露出する状態)から重症(ほぼ皮が被ったままの状態)まで幅広くあります。


デメリット

医学的には特にデメリットはありません。
清潔にしておけば特に問題もありません。

ただ不潔にしていると病気になってしまうこともあります。

普段は皮が被っているために恥垢(ちこう)が溜まりやすく、不衛生で悪臭になりがちです。


包茎手術の必要性

医学的には手術の必要は有りません。

仮性包茎は正常な性行為が可能です。
皮を剥くことができるので亀頭を露出してキレイに洗いながして清潔に保つことができます。

包皮をいつも自力で剥いておき、清潔に保つことがもっとも効果的な改善方法です。

自分でお風呂に入ってゆっくり剥く練習をして下さい。

ただし、ごく希にクリニックなどでの治療が必要な場合があり、
特に性行為に痛みがある場合は一度専門医へ相談にいくことをオススメいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ