カントン包茎とは


もともとは真性包茎なのに、無理やり皮を剥いて元に戻らなくなった状態をカントン包茎(かんとんほうけい)といいます。

仮性包茎と比べると危険性は高いでしょう。

ただし状態によって軽症から重症まであります。

デメリット

ほっておくと亀頭に血がたまり、炎症などを引き起こす危険性があります。

最悪の場合、亀頭部分がうっ血して壊死してしまう危険性もあるので要注意です。

また、セックスなどの勃起時に包皮が切れやすいのもデメリットです。
切れた場所から、雑菌や細菌が入り込み、感染症や性病にかかる危険性があるからです。

軽症の場合は、包皮による締め付けが不快な点を我慢すれば日常生活には支障ありません。


包茎手術の必要性

絶対に手術が必要というわけではありません。

軽症なら、真性包茎のように剥くトレーニングを続けることで治る場合もあります。

自分でお風呂に入ってゆっくり剥くトレーニングをしてください。
その時は2ステップをイメージするといいでしょう。

第一段階は仮性包茎にすることを目指す

第二段階で仮性包茎を治すことを目指す


時間はかかってしまいますが、状況が許すのであれば出血や激痛が無ければ包茎手術は避けられますので止めてください。

しかし、痛み・出血が伴う場合は専門医に相談することをオススメいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ