包茎(ほうけい)とは

亀頭とよばれる陰茎の先端部分まで包皮に覆われている状態を、包茎(ほうけい)といいます。

分かりやすくいえば、生まれたばかりの男の赤ちゃんの状態です。

包茎(ほうけい)とは陰茎の亀頭が包皮に覆われて露出不可能ないし露出に問題が伴う状態である。
~ウィキペディアより~


通常では、男性のペニス(陰茎)の周りには包皮があります。

細菌・雑菌や外部からの衝撃によって、機能を損なうことのないようペニスを守る大事な役目を担っているのが包皮です。

一方で、包皮によって包まれているために起こる様々な弊害もあります。

例えば、恥垢(ちこう)と呼ばれる垢による悪臭などです。

これは包皮の下に垢がたまり、それがうまく洗い落とせないことで臭いを放つようになるのです。

また、包茎(ほうけい)は多くの男性の自尊心に影響を与えています。


ペニスの大きさや長さなどで男としての序列が決まる一部の社会とは異なりますが、日本でも包茎(ほうけい)であることで嫌な思いをすることは未だに多いといえるでしょう。

ペニスは、幼児期から少年期に移るにしたがって包皮と亀頭の癒者が取れ、勃起をくり返すうちに包皮の先端が伸びて大きくなります。

そして青年期には亀頭が露出してきて、通常の状態(勃起していない)でも包皮がむけたままになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ